WiMAXの料金の安さに満足。でも安定性には欠ける

昔から自宅のインターネットに固定回線を使っていました。

 

その後WiMAXに切り替えたんですが、理由は料金の安さです。

 

固定回線を使っていたときには毎月7000円を超える出費があったので正直言って家計への負担が重く、不満に感じていたんです。

 

もう少し安くインターネットを利用できる方法はないだろうかとネットで調べていたとき、WiMAXの存在を知ったんです。

 

WiMAXなら毎月4000円そこそこの出費で済みますから、固定回線の頃に比べて家計のやりくりが楽になりました。

 

機器の少なさも気に入っています。固定回線のときにはルーターやら何やら複数の機器を設置する必要があったので、置く場所に困っていたんです。

 

掃除するときも配線を気にしなければならず、結構面倒な存在だと思っていました。

 

WiMAXなら携帯タイプのルーター1個だけの他、配線がないので掃除が楽ちんです。コンパクトなサイズで場所を取りません。

 

Wi-Fiでパソコンやスマホなどに繋げられますし、専門業者が自宅にやってきて工事するような煩わしさもありません。WiMAXの気に入った部分についてはこんなところです。

 

一方、WiMAXの不満点に関してもいろいろあります。インターネット回線の安定性の問題です。

 

固定回線と違って無線で送受信するためなのか、たまに繋がりにくい状態になることもしばしばありました。特に困ったと感じたのがオンラインで申し込みといった作業をしているときです。

 

突然繋がりにくい状態になると、今までやってきた作業が無駄になってしまう場合も稀にあります。調子の良いときはとても快適に利用できるんですが、安定性にムラがあるのは欠点に感じます。

 

大事な作業を自宅で行いたい場合だと、WiMAXは向いていないのかもしれません。月間データ量無制限のプランを利用していても3日で10GBまでの制限があるので、常に高速回線を利用できるものではありません。ただ自分の場合は動画を何時間も視聴するわけでもないためか、制限に引っかかったことはありませんでした。